転職で正社員を勝ち取とろう 転職で正社員を勝ち取とろう 転職で正社員を勝ち取とろう

正社員への転職で営業職を望む時について

本格的に転職で営業の正社員を目指す場合、前職で販売などの仕事の経験がある場合は実績を提示して、仕事の成果を訴え掛ける事が基本です。経験した職務に関するPRなどは、自分の経験などを具体的に伝えて、可能な限り実績や仕事内容に関して誤解のある表現を出さないように留意しましょう。

以前の仕事で営業の正社員などの経験がある人は、仕事の活動の中身や売上の数値などを示すばかりではなくて、どのように仕事を展開したかを、しっかりと理解しておく事が大事です。一例をあげるなら、取引先の顧客などのフォローをしながら、ライバルの会社よりも商品の優れている部分をアピールするなどのメリットを魅力的に説明します。

仕事における活動の良い点をアピールすれば、当然ながら採用を考えている企業にも利益をもたらしていく期待感がアップして、採用したい応募者として歓迎されやすいです。仕事の中で就職を希望する企業に営利になる行動を具体的に見せながら、実績という証明を踏まえて転職活動を行う事を肝に銘じます。自分の活動の中で売上を上げた度合いを売り込んで、具体的な数字を示せば採用のきっかけになります。

image


営業職に向けて転職を行う場合、どの業種にも共通して言える事ですが、志望動機などを伝える際に抽象的な表現を出来るだけ行わない様に意識します。例えば、仕事の熱心さや頑張りを押し出しても抽象的で、他の応募者も頑張って仕事をしてきた事は当たり前です。頑張っているところを示すのは、応募者の見せ掛けのやる気である事を採用担当者は見抜きます。

仕事の時にどんな考えに基づいて行動をしてきて、行動の中から結果に結びついた出来事を中心にアピールする事で納得させることが採用の鍵となります。

熱心さが無い事で頑張る事も仕事を行う上で大事ですが、励んでいる姿を見せるだけでは仕事に対して空回りをしてしまって、最終的には結びつかないと思う採用担当者もいます。志望動機を答える前に仕事の成果や改善点を提示しながら、自分の役割を必ず明確にしておく事が必要です。